5月例会 – 一般社団法人 多治見青年会議所 2021年度

多治見JC

会員専用ページ

例会事業案内

2021年度例会事業案内

5月例会

2021年5月6日(木)
多治見市産業文化センターにて開催されました。

ゴールデンウイーク明けですが、岐阜県独自の非常事態宣言が発令されている状況での開催ということで、引き続き、感染症対策を徹底しての開催となりました。

前回に続き、対面とWEBによるハイブリッドでの開催が行われ、今回よりWEBでの参加も出席扱いとなるなど、今後もコロナ禍での適切な例会運営を行っていきたいと考えています。

 

例会では、4月例会以降の活動の報告及び今後の連絡等が行われました。

理事長からの挨拶では、コロナ禍という非常時において、メンバー同士が集まる機会の確保が難しい中でも、親睦を深めることの重要性や知恵を出して現在の状況に対応した機会を創出していきたい旨の話がありました。

 

 

「自己紹介と自分の会社・団体もしくは個人のPR」を実施する3分間スピーチでは、新入会員の箭引亮介君と入会2年目の古畑佑樹君が行いました。

箭引君は、自己紹介だけでなく、勤め先の東濃信用金庫の紹介や、積極的な参加をし、JCでの縁を大事にして地域に貢献していきたい旨の思いを語ってくれました。

 

 

古畑君は昨年度に引き続き2回目の3分間スピーチということもあり、司法書士が置かれている現状についての説明や今後の展望やPRをユーモアをまじえながら話をしていただきました。

 

監事所見では田財監事よりお言葉をいただきました。非常事態宣言ということで、今回の例会後には事業や親睦会がありませんでしたが、そのようななかでも、みんなが集まることの重要さや、今回からリモートでの参加も出席扱いになったことをもっともっと活用していってほしい旨のお話がありました。

 

 

 

まだまだ先の見通せない状況が続き、その都度様々な判断や対応が求められますが、引き続き会員一丸となって進んでいくことが重要だと確認できたと思います。

このページの先頭へ